効果的な方法を継続|得意とする医師に依頼すればOK|切らないフェイスリフトを試そう
婦人

得意とする医師に依頼すればOK|切らないフェイスリフトを試そう

効果的な方法を継続

ウーマン

跡に残る肌の特徴

ニキビは自分でケアする事で、予防や治療が可能です。ニキビ跡は、自分でするケアだけでは改善が難しく、レーザー治療が効果的です。美容皮膚科では、ニキビ跡の種類に対して効果的なレーザー治療を行います。ニキビ跡といっても種類があるため、自分の肌状態を確認してから治療を行う事が大切です。ニキビ跡には、毛穴が開いた状態のものや、クレーター状に残るものがあります。これらはニキビの炎症による肌ダメージを回復させようと、余分なコラーゲンが生成される事が主な要因です。余分なコラーゲンは「瘢痕組織」と言われ、ニキビ跡の原因になります。瘢痕組織が拡張する事で、肌がへこんだクレーター状態になります。治療には、瘢痕組織を破壊して肌の再生力を高める事が大切です。また、ニキビ跡になりやすい方は、皮膚が厚く赤ニキビが多い場合が挙げられます。

肌への負担とケア

クレーター状のニキビ跡には、レーザー治療を行うのが一般的です。レーザーを肌に照射する事で、深い部分からケアができます。レーザー治療は肌に直接照射するため、負担がかかるのが特徴です。赤みやかさぶたなどの症状がありますが、数日経てば回復し症状はなくなるので心配はいりません。術後の回復までには個人差がありますが、10日間が目安となっています。また、術後の肌は外部からの刺激に弱くなっているため、日焼け対策やスキンケアなど肌を労わるようにしましょう。クリニックによっては、専用の日焼け止めなど販売しているので、利用すると効率的です。洗顔の際には負担をかけないよう優しく洗うなど、医師に相談する事で効率的なケアを行う事ができます。クレーター状のニキビ跡は、原因である組織を破壊して肌の再生力を高める事で治療できます。自分の状態に合わせた、効果的な方法を根気よく継続する事が大切です。